雲ノ平山荘

宿泊予約
Scroll Down
宿泊予約
宿泊予約

-お知らせ-


小屋開けスタッフが入山しました。
予約専用電話(050-8882-5831)の
受付時間が変更となります。
木曜・土曜 12:00-18:00 → 
毎日 8:00-19:00となります。
※外作業中・食事準備中などでつながりにくいことがあります。
時間をおいておかけなおしください。

端末不具合の為、喫茶の会計につきましては現金のみとなります。
受付売店での物販はクレジットカード・PayPay(オフライン決済)が使えます。
※宿泊料金のお支払いは現金のみです。

アーティスト イン レジデンス プログラム2024 参加アーティスト決定 アーティスト イン レジデンス プログラム2024 参加アーティスト決定 アーティスト イン レジデンス プログラム2024 参加アーティスト決定 KumoLabWeek2023 KumoLabWeek2023 KumoLabWeek2023 雲ノ平登山道整備ボランティアプログラム2024 雲ノ平登山道整備ボランティアプログラム2024 雲ノ平登山道整備ボランティアプログラム2024 雲ノ平山荘発の新ブランド nubis umbra 2021.07.10 sat DEBUT 雲ノ平山荘発の新ブランド nubis umbra 2021.07.10 sat DEBUT 雲ノ平山荘発の新ブランド nubis umbra 2021.07.10 sat DEBUT アルバイト募集2024 アルバイト募集2024 アルバイト募集2024

天上の庭、雲ノ平

  近代登山の黎明期、雲ノ平はそのあまりのアプローチの遠さから「最後の秘境」と呼ばれていた。
  街の灯りから隔絶された北アルプスの最奥部、標高二千六百メートル付近に忽然と広がる平原、雲ノ平。その静寂の大地に踏み入ると、不思議な景色を目の当たりにする。柔らかな起伏を描く草原に点在する池塘、リズミカルに配置された火山岩、岩陰から青黒い枝葉をのぞかせるハイマツ、まるで整然と手入れされた日本庭園のような情景が歩みを進める毎に展開される。そして果てしなく広い空の下、アルプスの核心部の名山が競うように「天上の庭」を取り囲み、深い谷底からは黒部源流の沢の音が微かに響いてくる。いつしか私たちは原始の物語の世界に引き込まれて行く。

宿 泊Stay

「山小屋に泊まる」
ということ

20世紀以降、時として人間を拒絶する厳しい高山の環境下で、人間と自然の橋渡し役として山小屋は発展してきました。
昨今はキャンプの道具も進化し、自由やプライバシーを好む人にとっては優先的な選択肢となっている中、私たちは山小屋に滞在しなければ生まれない「時間の価値」を生み出していきたいと考えています。ただ「宿泊施設」として到着して、寝て、出発するだけの場所ではなく、人々が日常の穏やかな感性を保ちながら、より豊かに、創造性を持って自然と向き合える場所でありたいと思います。

アクセス・ルート紹介Access・Route

アクセス・ルート紹介 詳細を見る